桶狭間ミニバスケットボールクラブ
トップページへカレンダーお問い合わせ

桶狭間ミニバスケットボールクラブ

サイトの概要

記事一覧

アイケン杯

ファイル 290-1.jpg


スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー

 4月22日(日)西尾市ミニバスケットボール教室さんのお誘いを受けて西尾市総合体育館へ行ってきました。
 第1試合は久しぶりに対戦した豊浜ひまわりさんと。まだまだこの時期なので仕方ないですが…。前半は戦えたけど後半には力の差がかなり出てしまいました。練習したことが少ないのでなんとも言えず特に後半は指示をすることすら苦しい感じでした。
 第2試合は玉垣ミニさんと対戦。初めての対戦でしたが、こちらは6年生なのに相手の技術に翻弄されている感じ。体格差でなんとか勝っていたものの4Q目に追いつかれそうな場面で逃げるキャプテン。今の時期はキャプテンで負けてもいいのです。なぜ逃げる?キャプテンをやるって決めたのは自分自身。そして、その時言った言葉を覚えていますか?一番長くいる桶狭間ミニをそして「人として」を伝えたい。今回の行動が本気でチームのことを考えている人の行動だとは思えない。本気で人のために頑張れる人間になってください。
 第3試合は西尾ミニさんと対戦。お互い昨年度がよかっただけに…。1つ1つ頑張りましょう。ただ試合内容はよかったと思います。やっと練習してきたことが1つつながったかな?1日でこんなに成長するのは見ていて楽しかったですね。5年生まで全員出せて先輩らしいことも初めてできたね。

 まだまだチームとして未熟です。最終的には子ども・保護者・指導者一丸となって頑張れるチームにしたいですね。ぜひ子どもの成長を近くで見てあげてください。親の目が子どもを育てます。

 最後になりましたが西尾ミニのSさんKさんOさんはじめ西尾市バスケットボール協会の皆様・チーム関係者の皆様本当にありがとうございました。大きなメロンパンもみんなでいただきました。
これからもよろしくお願いします。

CHITA新人戦

ファイル 288-1.jpg

 4月1日(日)知多市ミニさんのお誘いでCHITA新人戦に参加するために武豊町総合体育館へ行ってきました。
 年度はじめは複雑な気持ちで迎えることが多いですが、今年度は開き直って迎えられたと思います。何といってもずっと選手の足りなかった新6年生でしたが、なんとあれよあれよと入団して10人を越えてスタートできたのはうれしい限りです。ただ…当然やることはたくさんあります。まずは「人として」を伝えること。桶狭間ミニではバスケ以上に学ぶべきことがたくさんあります。たった1年という時間の中で考え方を理解するのが一番大変だと思います。
 第1試合は名古屋EASTさんと対戦。予想通り点差は開き続け苦しかったです。でも…課題が明確になっていく。負けて学ぶことはたくさんあります。たくさん吠えて、たくさん叱って子どもたちの表情を見ています。うれしかったのは、真剣に聞く眼差し。学ぼうという姿勢がたくさん見れてよかったです。当然、できませんが取り組む姿勢が大事なのです。
 第2試合は大城ミニさんと。こちらも同じ感じ。負けていたり、競っているときに出てくる課題もたくさん見られました。プレーがぶつ切り。バスケットは試合が止まる場面が少ないはずなのに1つ1つが途切れてしまいます。まさしく意識の低さが出た試合だと思います。ただ、教えてないだけなので仕方がない。
 第3試合はJBCさんと。少しずついいプレーも見られましたが基本的なことができない。もう一度練習から見直しです。
 個人賞は#8入団してすぐですが、「やろう」という姿勢がよかったです。帰りにも話しましたが、やるかやらないかは選手の責任。できるかできないかは指導者の責任です。失敗するって大切なんです。失敗しないとできるようにならないよ。失敗すればどこが悪いかよくわかる。原因がわかれば直すことができる。たくさん失敗してできるようになろう!

 1日過ごしてわかったことは…今年も6年生は本気で上手になりたいってこと。本気には本気で返します。本気で取り組む人にしか見えない世界があります。一生懸命にやるからこそ見える楽しさがあります。技術的にはとにかくディフェンスができない。守れないと強くはなれない。これも「人として」です。意味はおいおい伝えていきます。さあ1年がスタートします。今年は今年のカラーを見てどんなビジョンが描けるか楽しみです。

 最後になりましたが、知多ミニのKさんはじめ関係者の皆様本当にありがとうございました。今年もよろしくお願いします。
 

卒魂

ファイル 286-1.jpgファイル 286-2.jpg


スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー

 3月21日に名古屋EASTさん主催の卒魂に参加させていただきました。いつもと違う一般のルールでゴールも上がります。中学生に向けてのエールをもらっているような大会です。
 今回は急遽2チームに分かれて参加しました。均等に2つに分けて6年生にバスケットを存分に楽しんでもらうつもりで大会に参加しました。チーム名もいつものスターズではなくスーパースターズにしてみました。
 試合の内容は…。正直シュートやリバウンドなどについては状況が違うのでいつものようにはいきません。でも…。平面は一緒だよね?やっぱり足を使ったディフェンスや速攻についてはいつも通りできていたかな?
 最後は桶狭間ミニは3位でフィニッシュ‼はじめての4Q4試合は疲れたね。でも、想像以上に頑張っている姿が頼もしかったし、かっこよかったなぁ。スーパースターズは卒魂賞をかけた試合で最後の最後にディフェンスができず負けてしまいました。最後には厳しい声を掛けましたが、それまでにいたる3試合もすっごく走っていたことがうれしかったです。中学校へ向けて本当にいい経験になったと思います。そして、何より最後までバスケットを楽しんでできたのはよかったなぁと思います。悔しい想いも楽しさを感じる場面もあった1日いい経験になりましたね。

 最後になりましたが、名古屋EASTのTコーチはじめ関係者の皆様本当にありがとうございました。今年もたくさんお世話になりました。これからもよろしくお願いします。

一宮フェスティバル

ファイル 284-1.jpgファイル 284-2.jpg

 3月10日11日の2日間一宮フェスティバルに参加させていただきました。本当にこの時期は1つ1つの大会が名残惜しい…。子どもたちの成長を感じるとともに終わりの近づきを感じる大会でもあります。そして、男子16チーム女子18チームの計34チームも参加されるこの大会は一宮市の協会の力を感じる素晴らしい大会でした。
 初日は2試合の予選リーグでしたが、何とか勝ち切り1位抜け。今回からは新しい取り組みで2次予選がくじ引き!ドキドキわくわくしながらでしたが新鮮でよかったです。
 最後の決勝トーナメントでは準決勝では小信ミニと対戦。気持ちも出ていてよかったです。何度も伝えた13人みんなで戦うが実践できてよかったです。そして、決勝はKikkoミニさんと対戦。私が思っている以上に子どもたちは1年戦ってきた仲間という感じでした。気持ちも乗っていてとっても見ていて気持ちの良い試合になりました。子どもたちの背中はとっても大きく頼りになる成長した姿が見られました。かっこよかったぞ!!
 
 余談ではありますが、小信ミニのOGの保護者であるぐっさんの家に泊めてもらいました。懇親会からそうですが、チームのファミリー感をすごく感じました。あったかいなぁ。これで途切れないようにぐっさん杯を開催することを決定しました。本当にお世話になりありがとうございました。

 子どもたちへの想いが溢れすぎてしょうがないです。残り僅かな時間を大切にしよう。

 最後になりましたが一宮市の協会の皆様ありがとうございました。Yさん・Nさん・Oさんこれからもよろしくお願いします。

第1回東海チャレンジカップ

ファイル 282-1.jpgファイル 282-2.jpg

 2月10日11日に第1回東海チャレンジカップをアイチミニバスケットボール育成会として開催しました。愛知・岐阜・三重から全20チームが集まって行われました。これだけ各地から集まって試合ができるのも交流が広がっていくのも多くの人の理解と協力があったからだと思います。
 我がチームも残り大会がだんだんと減ってきていよいよカウントダウンです。6年生とともに学び、ともに想いを共有し、ともに喜び、ともに笑うそんな時間も少なくなってきました。初日の予選リーグは4試合!この時期に4試合もやれることはうれしい限りですが…内容は残念な感じです。いつもこの時期には苦しんでいますが、やっぱり苦しい。気持ちの緩みからくる技術のブレはかなり苦しいです。叱るだけでは伝わらない。子どもたちを見てもっとできるでしょ。なぜ、できていたことができなくなると感じることの連続です。ただこれが小学生なのでしょう。もう一度基礎に戻ってやり直しです。できるようになるのも早ければ、それだけできなくなるのも早い。ここ数年ずっとこのパターンなので戻せるはずと信じています。
 初日の夜は6年生と懇親会という名の焼き肉!!もっと深いところを話せたらいいなと思いましたが、子どもたちの気持ちを知るには大切な時間だったと思います。どれだけ6年生の気持ちを理解し、伝えられるかなので時間との勝負です。とっても有意義な時間を過ごすことができました。計画から予約までいつも保護者の皆様には感謝しています。
 そして、2日目。1つ勝てば三重県1位全国大会に出場するチームと対戦です。第1試合はベルウェストさんと対戦。気持ちが入るとこんなにいいプレーができるんだね。喜びと感動。やっぱりみんなできるんだ。とってもうれしい気持ちになりました。
 そして、この日一番の目標にしてきた紀伊長島さんと対戦。スタートはこちらのペース始まりましたが…。じわりじわりペースを握られて前半はまだひっくりかえせると信じていましたが…後半に入りミスしたところを逃さない。小さなことのくり返しがあっという間に大きな差になりました。そんなときに何もしてやれない自分の力に。悔しそうにしている子どもたちの姿に。もっともっと努力しようと決意した試合になりました。チーム結成以来の大敗。ただ、こんなに学ぶことのできる試合もなかなかできない。とにかくいい経験になったと思います。結局は何を学ぶかなんだよな…。
練習に取り組む姿勢。意識。試合に臨む覚悟。決意。素晴らしい学びの連続。スピード感溢れるプレーからのミスのないシュート。やっぱり基礎と気持ち。基礎って大事だな。気持ちって大事だな。
あと2か月あってよかった。最後は今日の経験が自分たちを成長させたって思えるといいね。
 最後の3位決定戦は…。J.kittysさんと対戦。何度も対戦していますが、とっても試合巧者です。なかなか点数を離せずかろうじて逃げ切りました。6年生3人でここまで来るのは尊敬です。

 今大会を通して多くのチームと交流でき、仲良くでき、バスケットボールというスポーツを通して語り合っている姿を見て本当に良い経験をさせていただいていると感謝の気持ちでいっぱいになりました。ご参加いただきましたチームの皆様、役員の皆様、協力いただいた保護者の皆様、そして何より自分のチームの子どもたちみんなみーんな心より感謝しています。学び多い第1回大会は成功そして、成長をもたらしてくれました。ありがとうございました。