桶狭間ミニバスケットボールクラブ
トップページへカレンダーお問い合わせ

桶狭間ミニバスケットボールクラブ

サイトの概要

記事一覧

第8回千秋カップ

ファイル 261-1.jpg

 9月16日(土)に千秋ミニさんのお誘いで千秋カップに参加させていただきました。
 第1試合は私自身の仕事の関係でコーチに任せましたが何度も対戦しているJBCさんとですが、前半はかなり苦しい展開だったそうです。
 準決勝は城西ミニさんとの対戦の途中からベンチを代わりましたが、いつも通りに近い展開になったもののオフェンスはどうしてもイメージを共有できていないように感じました。練習ができていないのである程度は仕方ありませんが…。ただ、その後あいさつに来なかったので久しぶりに本気で叱りました。桶狭間ミニの土台は「人として」なのです。その中で指導者同士で、挨拶や躾の話になり大変勉強になりました。
 挨拶は相手に頭を下げることで自分をさらけ出す、自分の頭を差し出すことで、自分の命や頭脳を相手に差し出す行為です。私は貴方に全幅の信頼をしております。そういう意味になって…それが礼儀となったという話を聞いて勉強になりました。また、握手は武器を持っていないことの証明から行われるようになったという話を聞きました。そして、躾は字の通り、身を美しくするために行われる必要があるということも。大変勉強になりました。
 自分自身も教員としてももっと学びたいことだらけですし、人としてももう一度見つめ直して学ぶ必要があると思います。子どもたちと共に成長し合える関係を作れるようになっていきたいと思います。
 そして、決勝はKIKKOミニさんと対戦。子どもたちには叱られた後の取り組み方の勉強だと思います。春先に比べるとだいぶ多くのことを受け入れられるようになってきたのではないかと思います。ここであの状態で負けなかったことは大きな成長を感じました。まだまだ伸びるよ君たちは…。レギュラーの覚悟を感じた試合になりました。

 個人賞はやっとあげれました#15です。今回が初めての受賞でした。渡すときにも話しましたが、ここから何回も受賞してください。個人賞をもらうことがゴールにならないように。とても安定してきました。特にカバーディフェンスはだいぶ良くなりました。ここからオフェンスの合わせやチームの狙いへの理解を深めたらベストへの道も開けると思っています。応援しています。

 最後になりましたが、千秋ミニのN監督はじめ関係者の皆様本当にありがとうございました。久しぶりにお会いできたコーチもいてうれしい一日になりました。そして、チームが大切なことに気付かせてもらった一日になりました。ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

第13回ジャリンコカップ

ファイル 259-1.jpgファイル 259-2.jpg

 9月10日(日)にJBC-FIRESさんのお誘いで第13回ジャリンコカップに参加させていただきました。
 第1試合は前日も対戦したJBC-FIRESさんと。とにかくお互い一生懸命気持ちをぶつけ合ってほしい。そして、同じような状況だったうちの選手の1人もなんとかきっかけを感じてほしいと思った試合でした。技術的なことより心構えを学んだ試合になったと思います。
 準決勝は阿久比ILEXさんとでしたが、桶狭間の戦い【春の陣】で負けて以来の対戦になったのではないでしょうか?だんだんと6年生らしいプレーが出てきて成長を感じる1戦になりました。
 決勝は知多市ミニさんと対戦。先週のイーグル杯でも決勝で対戦しましたが、その時以上に足も動いており特にディフェンスはよくがんばっていたと思います。うれしいうれしいジャリンコカップも初優勝です‼

 9月に入ってからは大会ばかりでなかなか練習ができないので、新しいことはできていませんが、夏の練習の成果が良く出ています。まだまだ改善することもたくさんありますが、子どもたちの中でも少しずつ成長を実感してくれているのではないかと思います。
今回の個人賞は#14です。バスケットのことだけ考えず自分としっかり向き合ってください。あなたにはいいところがたくさんある。それなのにバスケットが上手くいかないくらいでもう駄目だと自分を否定している。そうじゃないよね。想いは個人賞の手紙に込めました。よく読んで考えてください。あなたが一生懸命、そして笑顔でプレーするところを見たいです。

 最後になりましたが、JBCのHコーチはじめ関係者の皆様本当にありがとうございました。心温まる大会で1日本当に楽しかったです。これからもよろしくお願いします。 

第8回效範カップ

ファイル 258-1.jpgファイル 258-2.jpg

 9月9日(土)效範リトルバッカーズの監督さんのお誘いで瀬戸市民体育館へ第8回效範カップに参加させていただきました。
 本当にパワフルで力のある監督さんだなぁといつも勉強させていただいています。クラブの交流の輪を広げてくれた人でもあります。だから、この大会へ来ると初心を思い出します。結局、子どもたちがかわいくて一生懸命な姿がかっこよくて、だから教員になったし、クラブも立ち上げた。子どもたちへの向き合い方を教えてもらった1日でした。
 第1試合は小信ミニさんと対戦。たぶん1回戦で当たるのは今年度初めて…。それどころか最初に出会ったころに1度あったくらいのような気もします。
 9月のスタートからずっと考えていましたが、やっぱり14人で戦わせたい。できる限り全員で戦えるように工夫していこう。やっぱりミスも多くチームもちぐはぐしているように見えるけど、一生懸命やっている。
 準決勝はJBCさんと対戦。JBCの本当の力を知っているだけに我慢できなかった。もっとできるぞ6年生。これからバスケットを続けていくことはあるかもしれないけど。こんなにも夢中になってやれるのはいまだけ。中学へ行けば勉強も…そして思春期の壁も…。だれかがやってくれるのを待っているなんて無駄じゃない。行動したもん勝ち。楽しんだもん勝ちなんです。桶狭間の子もそうですが、失敗も成功もやったもん勝ち。全ての経験が最後にあーよかったって思えるようにすればいいだけでしょう。書きたいことはたくさんありますがとりあえずこれくらいで。
 さあ決勝!対戦相手は有玉ミニさんの合同チームと。6年生…大きい…。早い…。でも、本当によく頑張りました。じりじりと少しずつリードを広げて最後は全員で戦うことができました。最後に出たメンバーにはがっかりでしたが。なんと8回目で初優勝です‼

 個人賞は#5です。オフェンスもだんだんわかってきて練習したことを試合でやろうという姿勢が素晴らしい!ディフェンスもしっかりとした予測からできています。この調子でチーム全体を引っ張っていってほしいと思います。

 最後になりましたが、效範リトルバッカーズの監督はじめ関係者の皆様本当にありがとうございました。楽しかったです。やっと瀬戸の相性の悪さからも逃れることができました。これからも、そして明日もよろしくお願いします(笑)

豊明カップ

ファイル 257-1.jpg

 9月3日に豊明ミニバスケットボール教室さんのお誘いで豊明カップに南知多総合体育館へ行ってきました。
 今回は3チームによるリーグ戦のあと順位決定戦という3試合でした。予選の2試合はジュニアや私的なことと重なり見れませんでしたので報告をもとに書きます。
 第1試合は名東ミニさんと対戦。練習したディフェンスでは一定の力が発揮できたようですが、残念ながらシュートはノーマークもポロポロ落としていたようです。試合を通して波を少なくできるといいですね。
 第2試合は森東ミニさんと対戦。こちらもほぼ同じ展開だったようです。チーム全体で見たときやっぱりレギュラーと控えの差はディフェンスだと思います。
 順位決定戦は優勝決定戦へ。決勝は城西ミニさんと対戦でした。こちらが勝っているところもありましたが、まだまだ相手の能力も高く伸びしろがたっぷりです。気を抜かずにがんばりましょう。
3試合通して、前日よりは動きもよかったし、全員で戦えていることはよいことだと思います。そして、5大会連続優勝おめでとう!勝つことが全てではないけど努力が成果に現れるのはうれしいですね。レギュラーが点差を付けて全員出すのではなく本当の意味で全員で戦うことができるように前向きに取り組んでほしいと思います。今年度はレギュラー争いが激しいのはいいことですが、外された人が後ろ向きになっているように思います。人生において壁にぶつかったときにどうするべきか考えてほしいと思います。悲観的になっても前には進みません。どうするべきか?一度考えてみてください。

 最後になりましたが、主催していただきました豊明ミニのN夫妻・F先生はじめ関係者の方々本当にありがとうございます。これからもよろしくお願いします。

第9回イーグル杯

ファイル 256-1.jpg

 9月2日(土)に八開ミニさんのお誘いで第9回イーグル杯に参加してきました。
 夏の終わりがよかっただけに期待値が上がってしまいましたが、残念ながら勢いが続くことはありませんでした。
 第1試合は東海市ミニさんと対戦。今年度から指導者も変わり、お付き合いがなかったですが、東海らしい高い技術は健在でした。こちらのミスも多くとても残念でした。ミスはあるもののゴールへ向かう姿勢はよかったと思います。あとは個人賞をもらった#5の気迫あるディフェンスがよかったです。なんとか第1試合を勝ち切りました。
 準決勝は江南ミニさんと対戦。こちらもうちのミスばかりで残念な展開でした。やっぱり大切なのは人としてだと思います。最後は嫌な展開でしたが、しっかり見ていてくれた人たちのおかげで勝ちました。
 決勝は知多市ミニさんと対戦。さすがです。としか言いようがないくらいあっという間にチームを仕上げてきます。走るバスケ、ボールへの執着心など驚くほど伸びていました。こちらもなんとか走り合いだけは負けずにと頑張っていましたが、スクリーンアウトやローテーションが間に合わずやられる場面も多く見られました。なんとか1対1のディフェンスで勝ったかな?優勝おめでとう。なんとイーグル杯も初優勝です。

 今大会はいろんなことがあり、主催者の方々には迷惑をお掛けしました。でも、はっきり言って審判に文句を言うのは耐えられません。子どもが故意に押したり、ぶつかったりすることも許せません。どのチームも、どの指導者も勝たせてあげたい気持ちは理解できます。でも、どんなことをしてでもはいけません。桶狭間ミニは「人として」を大切に歩んできました。だからこそ、守るべきものもあります。自分自身も態度や発言には気をつけていきたいと思います。これからも理念を大切に「バスケットを通じて人として成長する」環境を提供できるようにしていきたいと思います。

 最優秀選手賞には#5が選ばれました。特にディフェンスが気持ちが入っていてよかったです。今年の桶狭間の魂です。まだまだ伸びるところはたくさんあります頑張ってください。
 また、最後に話しましたが、意識して取り組むを繰り返せば、身体が覚えて無意識にできるようになります。まだそのレベルにありません。だから、目標を高くもち取り組むことが成長に繋がります。今年はまだまだいけると思って期待しています。
 
 最後になりましたが、八開ミニのS監督はじめ関係者の皆様本当にありがとうございました。これからもよろしくお願いします。