リンク集:スーパーコピーブランド専門店 ,ロレックス時計スーパーコピー ,ウブロ時計スーパーコピー ,パネライ時計スーパーコピー ,オメガ時計スーパーコピー ,ルイヴィトンバッグスーパーコピー ,グッチ財布スーパーコピー
桶狭間ミニバスケットボールクラブ
トップページへカレンダーお問い合わせ

桶狭間ミニバスケットボールクラブ

サイトの概要

記事一覧

第6回桶狭間の戦い【最後の陣】

ファイル 233-1.jpgファイル 233-2.jpgファイル 233-3.jpg

 なかなか、そしていろいろと気持ちの整理がつかず書き出せませんでしたが、振り返り前に進むためにも書きたいと思います。
 3月18日に予選リーグ・交流戦、3月25日に決勝・チャレンジ・フレンドリートーナメントを行いました。会場は今年度これでもかってくらいお世話になりました飛島総合体育館・南部体育館を2会場お借りして開催しました。
 3月18日の予選は1回戦早田ミニさんと。早田ミニさんは6年生が少ないにも関わらず今回もご参加いただきました。1年間本当にA監督にも、Bコーチにもお世話になりっぱなしでした。大変お忙しい中にも関わらずこうして継続して参加してもらえることがうれしいです。
 2回戦は東郷Beeさんと。こちらも設立当初から仲良くしていただいています。6月に負けており相変わらず元気な挨拶・スピーディーな走るバスケは健在でした。こちらも今年は?今年も小さいので走るバスケ対決は見ごたえもあったと思います。何とか予選突破です。
 そして、交流戦は亀山ミニさんと。今大会というかその日が最後で監督さんがご実家に戻られるために辞められるということを知っていたので感慨深いものがありました。そして、4年生からずっと負けていました。勝ったのは11月に一度だけ。冬の陣でも決勝で敗れていたので最後に何とか実現してよかったです。メンバーが揃った状態でのガチンコ対決は楽しかったです。そして、勝利‼勝ち切れてよかった。成長の跡を保護者にも見てもらえてよかったです。
 1週間あいて25日決勝トーナメント…。
全てはこの日のために…
 どのチームも最終日だということもあり、1年間の想いの詰まった一日となりました。競った試合も、想いのぶつかる試合もたっくさんありました。子どもたちからも緊張と笑顔で終えたいという気持ちが伝わってきました。
 第1試合は小信ミニさんと。すっごいドキドキした試合。子どもたちが試合を通して会話しているようにすら感じる試合でした。ぐっさんにも見せてあげたかったなぁ。途中負けてしまうかと思いどうしようという気持ちにもなりました。3Q目までは一進一退の攻防は見ごたえあり。悪かったのではなく、互いに良すぎた。最後は勝ち切りましたが、点数以上に壮絶な試合になりました。
 準決勝はJ.kittysさんと。こちらも1Q目の競り合う姿を見て感動。1年間やってきた仲間と最後の最後までしびれる試合ができるのは最高です。
 決勝は夢にまでみた阿久比さんと。子どもたちが1年間目標にしてきたチームです。試合の始まる前の歌から保護者・そして桶ミニの全員で歌えたのは子どもたちの心に残ったと思います。前半は緊張からとても固い動きで本来の力を発揮できず…。ただ、これも大切な時間。1年間一生懸命取り組んできたからこそ、緊張する。それだけのことを今年の6年生はやってきた。それでも、自分と向き合い・戦い・走る姿に感動。本当に大切なことが伝わっているんだなぁってうれしい気持ちの方が大きかった。3Q目は緊張感から解放され、力が発揮できていた。成長が見られて、また感動。3点差まで詰め寄りました。4Q目のスタートに離され、残り3分54秒…。タイムアウトを取るのか迷いましたが…。ここで子どもたちの力を信じ切ることができたこと今年の全てだったと思います。
 だからこそ、自分たちの力で点差を詰めた後のタイムアウト。ここで勝たせてあげられなかったことが悔やまれます。試合を振り返って思ったことは子どもたちもベストを尽くし、自分自身もベストを尽くした。だからこそ、今回の負けの責任は私にあります。信じてついてきてくれた子ども・保護者に申し訳ない気持ちで涙が溢れました。そして、もっと自分自身が成長できるようもう一度子どもたちと学ぶ姿勢を大切にしようと決意しました。本当に今年の6年生・保護者の方々ありがとうございました。

 そして最後になりますが、応援にきてくれたOGのみんな・いつも協力しくれる保護者の皆様。そして、今大会にご参加いただきましたチームの皆様本当にありがとうございました。1年間こんなに混戦で切磋琢磨できた年はないんじゃないかと思います。素晴らしい、そして温かい時間を過ごせたのは皆様のおかげです。

大きな声で「ありがとうございました!」