桶狭間ミニバスケットボールクラブ
トップページへカレンダーお問い合わせ

桶狭間ミニバスケットボールクラブ

サイトの概要

記事一覧

桶狭間の戦い【冬の陣】

ファイル 337-1.jpg

 12月22日に飛島南部体育館にて桶狭間の戦い【冬の陣】を開催しました。いつもJキティ―ズさんにはお世話になりっぱなしで本当に感謝感謝です。
 1回戦はパワフルキッズさんと対戦。前回負けていてリベンジマッチのつもりでのぞみましたが…やってしまいました。9年間で初‼主催試合で1回戦負け。どれだけ子どもたちがこの重みを感じてくれるかと思いましたが、残念。終わった後もあっさりしたもの。あれだけ準備をしっかりしようといっているのに。あれだけボールをキャッチできなかったら試合にならないでしょ。あれだけシュートを落としていたら試合にならないでしょ。でも、負けに対してはなぜか腹が立たない。あきらめ?なんて保護者に言われてしまいましたが、きっと純粋に子どもたちがかわいいのでしょう。結局勝ち負けは僕自身の責任なんだな。最後にも話しましたが、準備が大切。これはバスケに限ったことではありません。日頃の生活や勉強なども同じでしょう。この1日を通して学べばいいのです。
 ただ…4年生以下が応援にきているんだよねー。先輩として何を見せるの?どういう行動が正しいの?部活の先生もみんなを応援するためにそして勉強するために来てくれたのに。時間は残り少なくなってきたよ。残り3ヵ月でできることを考えようね。時間を大切にしようね。

 最後になりましたが、大会にご参加いただきましたチームの皆様、大会を運営した保護者、そしてエキシビジョンに参加した指導者の皆様本当にありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

OKカップ

ファイル 336-1.jpgファイル 336-2.jpg

 こちらもコラボ企画桶狭間小信なのか小川久保田なのか?仲の良いチームのコラボ大会OKカップのために尾西スポーツセンターに行ってきました。
 第1試合は犬西ミニさんと。第1試合のアップの足りなさは何度伝えたらしっかりやれるかな。スタートの子どもたちとのハイタッチでどれくらいできていないかは伝わっていましたが。とにかく相手に助けてもらった感じだね。最後は延長で勝ち切れたけど残念なスタートだったな。
 第2試合は岩倉ミニさんと。前の試合からの危機感はないのか。なんとか後半にひっくり返したものの強弱なくなんとなくゲームが進む。ここはやるぞって声を掛け合ったりする姿が足りない。なんとか逆転で予選リーグは1位で通過。
 準決勝は夏の三重県No.1である西ヶ丘ミニさんと対戦。今年は対戦なし。なかなかレベルが違い過ぎてお願いできなかったのが本音ですね。今年はしっかり話してゲームに臨むと本当に一生懸命やる。素直にうれしい。子どもたちにどこまで話すか悩んだけど。三重県の1番強いチームとやれるところまで来たんだからご褒美だなって思ったので、だいたい怯んでボコボコにされる可能性があったけど相手は強いよって試合前に伝えました。今シーズンベストゲームじゃないかな?本当に最後まで戦う姿勢を忘れない素晴らしいゲームでした。昨日の反省も活きていたと思います。よくがんばりました。接戦をものにして決勝へ。
 決勝戦は小信ミニさんと。まさかの2年連続小信対桶狭間の決勝戦でした。先週はうちも6年生が3人試合に出られず、小信さんもベストメンバーの1人が欠けていたのでここにきてガチンコ対決。
保護者ともみんなで優勝したいですねーって話していましたが…。
まさかのベストゲームを更新かな。本当にいい試合でしたね。やっとキャプテンも本気でやってくれて全員で勝ち取った優勝‼おめでとう。見ているこちらも熱くなるやっぱりできるんだって感じた最高のゲームでした。年内ではベストゲーム!!年度内は年を明けたらもっといい試合を魅せようね。
 最後になりましたが、コラボ大会としていますがほとんどお任せになってすみません。小信ミニのO夫妻はじめ関係者の皆様本当にありがとうございました。毎年仲良くさせてもらい感謝しています。最後の挨拶がいつものぐっさんじゃなかったこと以外は全てよかった大会でした。ぐっさんみんなに愛されているんだから最後は締めにきてくださいね。これからもよろしくお願いします。

第6回アイチミニバスケットボールフェスティバル

ファイル 333-1.jpg

 11月25日(日)にアイチミニバスケットボール育成会の主催で第6回アイチミニバスケットボールフェスティバルを開催しました。もう第6回なんですね。年に2回やっているとはいえ時の流れの早さを感じます。
 試合はというとやろうという気持ちは伝わってくるもの1回戦はメンバーを入れ替えながら全員で戦えてよかった。準決勝の豊明ミニさんとの対戦は相手に主力が2人くらいお休みだったため競りましたがなんとか勝利!決勝はまた八開さんと。いまのバスケットの展開では少し苦しいですね。課題が改善されているところとできていないところがはっきりと出ました。やっぱり強い相手とやるということはとても勉強になります。練習するぞ!やっぱり練習したことしかコートには出ない。これはみんなにずっと伝えていること。生活がだらしない人はプレーもだらしない。生活していて切り替えの遅い子はプレーの切り替えも遅い。全ては繋がっているのです。
1年の締めの12月にいよいよ入ります。2018年の締めをできる1か月にしようね。
 最後になりましたが、アイチミニバスケットボールフェスティバルにご参加いただきましたチームの皆様本当にありがとうございました。今後もアイチミニバスケットボール育成会をよろしくお願いします。

ジブリカップ

ファイル 326-1.jpg

 9月24日(月・祝)にJBCさんと共催でジブリカップを開催しました。私自身はジュニアの大会が重なったり、学校の出張が重なったりと全く顔も出せず残念でしたが、なかなか今年度交流ができていないチームと試合もできてとてもいい経験になったようです。
 また、ヘッドコーチに任せましたが、いつもと違ったメンバーで試合に出してくれたようで刺激もありいい経験になったのではないでしょうか?決勝の佐屋ミニさんとの試合も体格差はあったものの最後まで粘り強く戦えたようです。シュートの大切さを感じた1日になったのではないでしょうか?確実に言えるのはチームが前に進んでいるということです。佐屋ミニさんには春にボコボコにされていましたから。
 最後になりましたが、共催で大会を運営したJBCのH夫妻、関係者の皆さま、ご参加いただきましたチームの皆さま、そしてジブリカップにふさわしい景品を提供してくれたうちのIコーチありがとうございました。

チャレンジカップ

 8月22日(水)は8チーム女子のみで、23日(木)は女子4チーム男子8チームで2日間チャレンジカップを開催しました。なぜ平日に行っているかというと小学校の部活のチームのための大会だからなのです。1年間通年で部活をやっているのに名古屋市では12月の区大会と1月2月にある市民スポーツ祭しかありません。だったらということで一生懸命がんばってる子どもたちのためにと立ち上がった先生たちの有志ではじめたこの大会も年々チームが増え、ここに書いた以外にも1日合計3日も行いました。
 今年度は想像以上の酷暑になって活動を自粛したところも多くありましたが、そんな暑さに負けない熱い人たちの集まりで今年度も無事終えることができました。
 エアコンも付けて有り難い環境の中で子どもたちは精一杯取り組むことができました。
 桶狭間ミニとしても有意義な2日間になったと思います。こういう公の場所でしか学べないこともたくさんあったのではないでしょうか?参加した小学校チームは学びの多い2日間を是非次に活かしてほしいと思います。
 そして、我がチームは初日は準優勝!そして、2日目うれしい初優勝でした。特に、2日目は春には全く戦えない相手と再戦でしたが、夏の練習の成果が出た試合でした。頑張りや成長が形になって子どもたちにとっても自信になったと思います。

 参加していただきましたチームの皆様、そして協力いただいた先生方本当にありがとうございました。いつでも、そしていつまでも子どもたちのために一生懸命やる人の集まりでありたいですね。

ページ移動