桶狭間ミニバスケットボールクラブ
トップページへカレンダーお問い合わせ

桶狭間ミニバスケットボールクラブ

サイトの概要

記事一覧

第5回アイチミニバスケットボールフェスティバル

ファイル 293-1.jpg

 5月5・6日と第5回アイチミニバスケットボールフェスティバルをアイチミニバスケットボール育成会として開催しました。周りの人たちの協力もありだんだんと輪が広がり開催できていてうれしい限りです。また、理念に基づいて運営できていることがなによりです。

 我がチームは、なかなか順調には行きません。気持ちは作れてきたと思いますが、技術が追い付いてきていないという感じでしょうか?なんとなく戦えているように見えますが、ノーマークのシュートは外す、キャッチミス、ボールマンを見失うなどできていないことだらけです。それを改善するのは練習です。そして、練習に取り組む意識の高さでいままで上手になってきたのだと思います。
 そういう意味ではまだまだやることもたくさんあるし、いまの考え方のままではいけないのです。「人として」が浸透して、チーム内での競争ができればもっと成長していけるはずです。
 
 2日目も最後の表彰式だけは手伝いにいきましたが、役員としてスーパーコピー時計の役割も果たしていけるようにがんばります。これからもよろしくお願いします。

桶狭間の戦い【春の陣】part2

ファイル 292-1.jpgファイル 292-2.jpgファイル 292-3.jpg

 4月30日(月・祝)に愛・地球博記念公園体育館にて桶狭間の戦い【春の陣】part2を開催しました。当日はうまいもん祭りもやっていたり、OGがたくさん来てくれたり、とってもいい試合ができたりとても満足のいく一日になりました。
 特に3位決定戦は見ている人の心を動かす懸命な姿が印象的でした。最後に決めたのはキャプテン。よく狙ってしっかり打ち切りましたね。きれいな放物線を描いて入りました。チームがスタートして1ヵ月は想定通りの伸び方ができたと思います。それを支えたのは…なんだと思いますか?たった1ヵ月ですが、すごくたくさんの人に支えられたと思います。当然、あなたたちの上手になりたいという気持ちも原動力だと思います。こちらを見る眼差しもレギュラーで出している子はまっすぐむいています。話を聞く姿勢もしっかりとできたのだと思います。そして、保護者の方々の協力。送迎・応援・お弁当を作ってくれたり、チームのこともやってくれてたり…ほかにもきっと家でも親の支えなしではできていないことがたくさんあるでしょう。自然と感謝できる・言葉にできる人になってください。いいチームになる秘訣は応援してくれる人を増やすことです。当番だからではなく、決められているからではなく、保護者の方々があなたたちの成長を見たいと感じられるくらいバスケットも日ごろの生活も頑張れるといいですね。そして、OGのみんなにも支えてもらいましたね。きっと見ていて自分たちの最初を思い出していたのではないでしょうか?叱られた姿・熱い試合をできて喜んでいる姿・わからなくて戸惑っている姿たくさんのことを乗り越えてきたOGだからこそできるサポートをしてくれていたと思います。ありがとう。そして、対戦してくれたり、参加してくれたりしているチームのみなさん。バスケットは対戦してくれるチームがあってこそ成り立ちます。当たり前ではなく桶狭間というチームとお付き合いしてもらえることに感謝です。まだまだいます。審判をしてくれたり、教えてくれる指導者の方々。今回は審判だけの手伝いのために来てくれた人もいました。ありがたいね。

 正直、この1ヵ月でも先生にとっては苦しいことのほうが多かったです。今年度から入団した子も多く「桶狭間ミニ」を伝えることも、「人として」大切なことを伝えることも、「バスケットを教える」ことも同時にたくさんのことがありすぎてどうしたらよいのか悩むことがありました。でも、たくさんの仲間が増える幸せ、一生懸命がんばる姿を応援できる幸せ、今までのつながりの中で支えてくれる人がいる幸せ。たくさんの幸せを見つけることでがんばることができました。これからもたくさんの幸せを見つけながらあと11ヵ月子どもたちと一生懸命がんばりたいと思います。これからもよろしくお願いします。
 

桶狭間の戦い【春の陣】part1

 4月29日(日)飛島南部体育館をお借りして桶狭間の戦い【春の陣】を開催しました。
 この日はお付き合いのあるチームの中でも県でも強豪とも言われているチームを含め10チームで開催しました。
 初戦は西部キッズさんと対戦。先週の終わりから少しずつではありますがわかってきたディフェンスが機能していました。ただ前半はプレーにつながりを欠いていて、それをどう埋めるのか。そして、全員がプレーをつなげるためにはどうすればよいかを考えていましたが…やはり練習でしょう。頑張ろう!
 第2試合はシードの佐屋ミニさんと対戦。体格が大きいチームにはまだ守るための練習をしていないので仕方ありません。ただ、やられ方がワンパターンなので教えれば少しずつ差は縮まっていくでしょう。
 第3試合は早田さんと対戦。大好きな監督さんですが、好きなバスケットは対照的です。競り合った試合になりましたが、何とか勝ち切れました。6年生の中でも成長に差がではじめました。大切なのはあきらめずに努力することです。人にはそれぞれの成長曲線があります。チャンスをつかむべきつかめる人は…準備をしている人です。
 第4試合はJ.kittysさんと対戦。こちらは相性なのかな?力の差はだいぶあるのに競った試合ができました。接戦を経験できるのは本当にありがたいです。まだまだ足りないところがたくさんありましたね。
スーパーコピー時計
ロレックス時計スーパーコピー
ウブロ時計スーパーコピー
パネライ時計スーパーコピー
ルイヴィトンバッグスーパーコピー
ルイヴィトン財布スーパーコピー
 4試合おもいっきり試合することで成長の見られた1日でした。ただ、人が多すぎでいろいろなところで苦言をいただきました。自分の中でも反省するべきことがたくさんあります。お世話になりましたJ.kittysの皆様・今回来ていただきましたチームの皆さん本当にありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

卒業記念大会&桶狭間の戦い【新人戦】

ファイル 283-2.jpgファイル 283-3.jpgファイル 283-4.jpg

 3月3日に卒業記念大会&桶狭間の戦い【新人戦】を開催しました。私はいろいろとあって最初の準備で抜けたので詳しくは書けませんが・・・。
 今年もつながりのあるチームと対戦できてよかったです。そもそも卒業記念大会とはなぜできたかというと・・・最後の陣は2日間しかも3月の終わりまでだけど1年間お世話になったチームが増えたから1日でも感謝の気持ちを伝える会ができればと思いスタートしました。そして、ふさわしい順番に対戦。初戦は岩成台ミニさんと。実は第1回桶狭間の戦いで対戦しています。監督さんにすっごくお世話になっているのです。やっぱりチームをスタートしたときからの付き合いは大切にしたいと思います。
 準決勝は西尾ミニさんと。西尾ミニさんは今年WJBLの前座試合で対戦させていただきました。子どもたちが1年振り返ったときに心に残るできごとTOP3に入るんじゃないかな?試合内容はグダグダでだめだめでした。あとから子どもたちには話しましたが、ダメなときにどうするか?やっぱり基本に戻る!!声出す・意識する・人として大切な行動をとるだと思います。
 決勝は效範リトルバッカーズさんと。HPでも何度も出てきているF監督のもときっと決勝に来るだろうと思っていましたが私がベンチにいなかったことが残念。久しぶりにお互いのベンチから語りあいたかった。
 新人戦は初戦から負け。この時期は勝ち負けではないのでOK!だけど・・・。来年度はこのままではいけないでしょう。人数もいないし時間が掛かると思います。1年というあっという間に過ぎていく時間の中でどう成長していくのか楽しみです。

 最後になりましたが、ご参加いただきましたチームの皆様本当にありがとうございました。また我がチームの皆様大切な時期なのに若手コーチ?で乗り越えたこの大会はすごく意味のあるものになったのではないでしょうか?保護者・指導者そして頑張った子どもたち残り少ない今年度も全力で楽しんでいきましょう!

桶狭間の戦い【冬の陣】×WINTER CUPコラボ大会

ファイル 276-1.jpgファイル 276-2.jpg

 12月23日24日の2日間で飛島ミニバスケットボールスポーツ少年団さんとコラボして桶狭間の戦い【冬の陣】&WINTERCUPコラボ大会を行いました。全21チームに参加いただき盛大に開催することができました。
 初日は予選リーグ。なかなか声が出ない。1年間通して声を出すことを目標にしてきたチームとは思えない。こちらが声を掛けても反応がない。残念としか言いようがないスタート。そして、第1試合終了後、私自身は友人の結婚式で中抜け…。その後がんばっていたようですが、勝つことが大切なのではなく、過程が大事。当然子どもたちの努力を結果に結び付けたいと思うので「勝つこと」が悪いわけではありません。「勝つこと」で成長することもあるので。ただ…その後に起きた許せない出来事。世の中には「正しい」を定義することがとても難しいと思います。だって価値観が違うから。そして、正しいと思ってやったことだって他人から見たら悪いことにだってなります。だからこそ、自分の判断で正しいと思うことを選択できるようになってほしいのです。教育の最終的な目的は「自立すること」だと思っています。自分で考えて判断することが大切なのです。練習最終日に何気なく会話していたルールについてのこともそうです。学校でシャープペンをもってきていいのかという話。すごく些細なことですが、注意されないからもっていくというのはどうなのでしょう。なぜ、学校では鉛筆なのでしょう。そこには理由があるからです。その理由を考えた上で必要・不必要を判断して行動することが大切です。
 いろいろな価値観がある中で、押し付けられることを嫌がるのならこのチームにはいられないでしょう。だって、誰かが判断基準にならないと1つにまとまらないからです。だから、自分と合わないならやめてもらうしかないと思います。私自身は子どもたちのことを精一杯考え、愛情を注ぎ、成長して幸せになってほしいと思ってこのチームを立ち上げました。一人よがりにならないように多くの仲間に支えられ、多くの指導者から学び、多くの子どもや保護者とともに歩んできたつもりです。どんなときも謙虚に取り組んでいきたいと思っています。なので、是非お前の行動違うぞってときは声を掛けてもらえると嬉しいです。今回は2日間連続だったので夜は指導者の方々と懇親会。本当にありがたい時間でした。
 そして、2日目。サンタトーナメント。1回戦はコラボチーム対決でした。飛島J.kittysさんと対戦。前半苦しんだものの後半に離れてなんとか準決勝に進みました。
 準決勝は最近1勝1敗の小信ミニさんと対戦。少しマッチアップを代えてメンバーも代えて試合をしましたが、よかったと思います。最後まで気を抜かずやり切れてよかったです。
 決勝は名古屋EASTさんと対戦。県大会を終えてすごく伸びを感じましたが、こちらも簡単には負けられません。最後は2点差でしたがよく勝ち切りました。ディフェンスはよかったけど、オフェンスは課題だらけでした。優勝おめでとう!年内最後の大会を優勝で終えることができてよかったです。目指すは全員出して優勝です。さあ年明けからまた頑張ろうね。

 最後になりましたが、2日間ありがとうございました。クリスマスツリー作りにもご協力いただき心温まる大会になりました。参加いただいたチームの皆様。コラボした飛島の皆様。そして、桶狭間ミニの保護者の皆様本当にありがとうございました。なかなか落ち着いてお礼を言えないので本日の忘年会で思いっきり感謝の気持ちを伝えたいと思います。
 これでいよいよ1年が終わります。今年も1年無事に過ごせたのも多くの人たちの協力のおかげです。心から感謝しています。「ありがとうございました」
 

ページ移動