リンク集:スーパーコピーブランド専門店 ,ロレックス時計スーパーコピー ,ウブロ時計スーパーコピー ,パネライ時計スーパーコピー ,オメガ時計スーパーコピー ,ルイヴィトンバッグスーパーコピー ,グッチ財布スーパーコピー
桶狭間ミニバスケットボールクラブ
トップページへカレンダーお問い合わせ

桶狭間ミニバスケットボールクラブ

サイトの概要

記事一覧

桶狭間の戦い【春の陣】4.28

ファイル 363-1.jpg

 4月28日(日)に愛・地球博記念公園体育館にて平成最後の主催試合を開催しました。そして、この平成という一時代が終わるときにホームページを書いています。
 ゴールデンウィークは一度は愛・地球博記念公園体育館で行い、毎年うまいもの祭りへ足を運んでいるような気がします…。バスケを通していろいろなことに触れることも大切だということで今年もそちらにも参加しました。
 試合はランニングで2試合と正式で2試合の計4試合を戦いましたが、最後はバテバテで足が出てなかったなぁ。ゆるい練習をした1ヵ月を反省しました。試合の中身よりも伝えたいのはどうすれば成長するのかってこと。あなたたちはどうなりたいのか?本気か?人に注意されて凹むって、そもそもできるって思っていることがおかしいよね。だって、まだ6年生になったばかり下手くそだから練習している。上手になりたいから入団したはず。まだやっとスタートラインにたったばかりのあなたたちにはまだまだできないことがいっぱい。それが伸びしろ、それが可能性でしょ。
 できるようになるためには、できない自分を認めること。これが一番難しい。人間は自分を守りたい。できる自分でありたい。と心のどこかで願っています。だから、できていないよって指摘されると認めたくない。人のせいにしたがる。でもね。できないってことを成長するための伸びしろや可能性って思えればできないことも悪いことではないよ。だから、叱られたら成長できるって思えるといいね。どんなに叱られても最後は親が大きな愛情で包んでくれるから大丈夫。今年の保護者は本当に理解してくれていると思います。だから、恐れずチャレンジ!私もあなたたちのことが大切だからこそ、伝えている。まだ伝わらないかな(笑)
 平成最後に優勝できてよかったね。おめでとう。
 日々、感謝!日々、努力!日々、成長!をテーマに頑張ってきた平成が終わります。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
最後の挨拶でも話しましたが、『令和』は人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つという意味だそうです。どんな時代にするのかは自分たち次第だと思います。まずは令和元年の今年、10期生は集まるべくして集まった同志だと思います。心一つに毎日本気!!で新たな時代を切り開いてくれることを信じて先生も全力で頑張ります!

 今年度もたくさんのチームの『人』に支えられ1年間頑張りたいと思います。ご参加いただきましたチームの皆様これからもよろしくお願いします。

桶狭間の戦い【春の陣】4.27

ファイル 362-1.jpg

 4月27日(土)に飛島南部体育館にて桶狭間の戦い【春の陣】を開催しました。いよいよ新年度のスタートだねって例年だと思っていたけど、今年はすでに2つも大会が入っていたのでスタート済みです。
 第1試合はJ.キティ―ズさんと対戦。うーん。ここができないのかとかここは負けちゃうのかとか課題を探りながら…でもやっぱりファンダメンタル。ある程度できていたと思っていたことができない。ごまかしながら戦うと最後に伸びがありません。1年を通して大きく成長するためにはと考えると足りないことだらけだったな。
 準決勝は千秋ミニさんと対戦。なかなか能力が高い。すでにスクリーンやピック&ロールも連発してすごいなぁ。とりあえず教えていないことは仕方がない。できることで一生懸命やらせるしかない。課題もたくさん出せていい経験になりました。
 決勝は知多市ミニさんと対戦。やる前から負け。声が出ない。気付いてないなぁって思って声を掛けにいかせるも、全力で出す人は0でした。自分たちができることを精一杯やれないチームがどうやって成長していくのか。無理でしょ。怒られても叱られても響かない。バスケットだけやってるでしょ。本気で成長する気ないでしょ。結局試合に出してもらえるって思っているでしょ。だったら5年生を試合に出します。本気で成長するためにここにいる人だけがコートに立てる。出るのが当たり前じゃない。もう少し貪欲に上手になろうという気持ちを出そう。

 最後になりましたが、参加いただいたチームの皆様、そして会場も協力いただき共催いただきましたJキティ―ズの皆様本当にありがとうございました。今年も1年楽しく、そして切磋琢磨できることを願っています。よろしくお願いします。

桶狭間の戦い【最後の陣】

ファイル 357-1.jpgファイル 357-2.jpgファイル 357-3.jpgファイル 357-4.jpg

 3月21日23日に桶狭間の戦い【最後の陣】を開催いたしました。1年の感謝の気持ちをすべて込めて開くこの大会。今年度はチャレンジもあり全部で3日間。1年間を振り返ると涙が出てきそうになるほどの苦しい1年でした。ただ、それを支えてくれた子どもたちの笑顔・保護者・周りのチームの皆様のおかげでここまでくることができました。

 初日は武豊町総合体育館で開催。
 第1試合は早田さんと対戦。1年間に何度も対戦しましたが、お互い成長したなぁって思いながらゲームを見ていました。早田のA監督がベンチにいないことが残念でしたが。みんなが一生懸命がんばっていてよかったです。
 第2試合は多度北さんと対戦。こちらも全員バスケで勝ち切りました。ここまできたら試合内容より結果が大事。なんとか1位で通過できてよかったです。
 第3試合は勝敗に関係なく交流戦として東郷Beeさんと対戦。相手が全員そろってなかったことが残念でしたが、今年度は夏や最後にも一緒に合宿をしていたので最後に対戦したいという思いもあってやりました。1年間ありがとうございました。

 2日目は大府市民体育館。
 第1試合はAIR JAMさんと対戦。昨年度監督をやめられたKさんも初日に顔を見せてくれましたが、ドリブルの上手な個人技に優れているいいチームです。なんとか少しずつ点差を離して勝ちましたが、緊張感が半端ない。
 そして準決勝。大府ロケッターズさんと対戦。スタートの入りはよかったのに…1つミスがあって焦っての繰り返し。それだけ緊張していたんだね。それだけ努力していたんだね。こんなプレッシャーの中でプレーできる幸せを感じてほしいな。3Q目に10点離れて勝ったと思いきや、また詰められるのくり返し。残り数秒で2点差。久しぶりにこっちが緊張するくらい苦しいゲームでした。ここで負けたらシャレにならない。本当に苦しみ抜いた上での4点差での勝利でした。
 ついに決勝戦。相手は小信ミニさんと対戦。頭の中はどうしたら子どもたちが1年間やってきたことを出し切れるかだけ。どんな声が子どもたちに響くの?そうしたら動くの?そんなことばかりを考えてスタート。最後は信じ抜くことだったな。やっぱりあなたたちは1年通して大きく成長したんだね。1Q目からいいプレーがたくさん見れてよかったです。2Q目も3Q目も本当によく頑張ったと思います。精一杯努力しても届かないところもあります。残念ながら負けましたが、1年間の想いの詰まったナイスゲームでした。結果は先生の責任です。勝たせてあげられなくてごめんね。あんなにがんばったのに。あんなに一生懸命だったのに。あんなにたくさんいいプレーをしてくれたのに。人の心を動かすような感動できる試合をしてほしい。これについてはできていたのだと思います。あんなに弱かったチームが最後はここまできました。本当におめでとう!胸を張って準優勝だと思います。
 最後はエキシビジョンマッチでしめです。日頃対戦していた仲間たちと一緒にやるバスケットも楽しい思い出になってくれたと信じています。

 最後になりましたが、ご参加くださいましたチームの皆様。そしてうちのチームの保護者。対戦してくれたチームの皆様。桶狭間ミニの次を担う子どもたち。そして、苦しいときも辛いときも笑顔で乗り越えて1年間やってきた6年生。

最後は心を込めて「1年間ありがとうございました!」

桶狭間の戦い【最後の陣】チャレンジ

 3月16日(土)に飛島南部体育館にて桶狭間の戦い【最後の陣】チャレンジを開催しました。今年度は例年以上にスタートが苦しく最後に1年負け越したチームばかりを集めて子どもたちのチャレンジの場所をということで新しく1つ開催しました。
 第1試合は佐織ミニさんと対戦。今年は秋に競り負けて以来の対戦だと思います。高さはないけどすごいガッツと素晴らしいディフェンス・ゲームコントロールに優れたチームです。前半から競り合いましたが、何とか勝ち切ることができました。内容は…だけど頑張っている姿はやっぱりかっこいいね。
 準決勝は赤星小学校さんと対戦。こちらは部活動で有松小学校が負けていたのでリベンジって思っていましたが、当日は赤星・八幡の連合チーム。名古屋市のブロック優勝2チームが合体すると強すぎたので、赤星だけにしてもらい対戦。人数の関係もあって5年生対決で1Qやったので、なんとか勝ちました。勝ち負けを越えてライバルのように思いがぶつかっているのは見ている人たちを熱くします。
 決勝は阿久比ILEXさんと対戦。さすが県の強豪チーム。前回はなんとかついていけたけど、今回は相手が一枚も二枚も上手でした。最後に県の強豪にチャレンジできたいい機会となりました。

 最後になりましたが、ご参加いただきましたチームの皆様今年度は本当にありがとうございました。強い弱いでなくお付き合いいただけることにとても感謝しています。来年度以降もよろしくお願いいたします。

第2回東海チャレンジカップ

 2月16日(土)に飛島南部体育館にて第2回東海チャレンジカップを開催しました。開催したのはアイチミニバスケットボール育成会としてですが…。今年度は総合体育館が利用できないこともあり、愛知6チーム・岐阜2チーム・三重1チーム・静岡1チームの計10チームでのトーナメント戦となりました。
 第1試合は静岡の長田東さんと対戦。試合展開はワンサイドだったんですが、相手に合わせてプレーしているのが何とも情けない。練習したことをやれていない。なぜ、ディフェンスはそこにいるの?チャレンジしようという姿勢は?パスは?っていう感じでした。勝てればいいなんていう試合は1つもないんです。その過程が大切な積み重ね。
 準決勝は江南ミニさんと対戦。今季初対戦だったと思います。前半は競り合いながら進んでよかったと思いますが、1つは現状のプレーでは勝てないんだということ。もう1つはフィジカルで負けた感じです。現状のプレーでは勝てないのなら上手になるしかない。1つはシュート。1つはパス。1つはディフェンス。短い時間の中で1つ1つ丁寧に教えていくしかない。フィジカルのところはある程度仕方がないと割り切っていこうと思います。残り1か月でいきなり大きくはならないので(笑)
 3位決定戦はJ.kittysさんと対戦。今季何度やったかわからないくらいやっている。スタートから気持ちが入っていないような…。最近大会では負け続けているので、今日こそはって感じがない。
いつもと同じ展開で前半勝っていて、後半ひっくり返される。

わかったことは実力がないってこと。
これは自分のミスです。もっと力が付いてきていると思っていたのが単純に力不足。帰り道。焦り。どうしたらあと1か月で仕上げられるのか。どうしたら上手になるのか。そのことに頭がいっぱいでした。

 最後になりましたが、東海チャレンジカップに参加いただきましたチームの皆様ありがとうございました。そして、運営をしていただきましたアイチミニバスケットボール育成会の皆様ありがとうございました。

ページ移動