リンク集: スーパーコピー ロレックス スーパーコピー カルティエ 時計コピー ブルガリ スーパーコピー ウブロスーパーコピー フランクミュラースーパーコピー タグホイヤースーパーコピー パテック フィリップスーパーコピー シャネル時計 コピー オメガ コピー スーパーコピーブランド通販 スーパーコピー時計 スーパーコピー スーパーコピーブランド, グッチ服 スーパーコピー, フェンディコピー, シュプリーム ヴィトン コピー, ウブロコピー, ロレックスコピー, オメガ スーパーコピー, タグホイヤー スーパーコピー, シャネルJ12スーパーコピー, カルティエ スーパーコピー, オーデマピゲ スーパーコピー, パテックフィリップ スーパーコピー, ブレゲ スーパーコピー, カルティエ スーパーコピー, スーパーコピー
桶狭間ミニバスケットボールクラブ
トップページへカレンダーお問い合わせ

桶狭間ミニバスケットボールクラブ

サイトの概要

記事一覧

豊明カップ

ファイル 302-1.jpg

 7月29日(日)南知多町総合体育館にて豊明ミニさんのお誘いで豊明カップに参加させていただきました。台風が過ぎ去ったあとでカラッと晴れるかと思いきやじめじめして子どもたちや大人たちもやや苦しい気候でした。ただ、豊明ミニさんの素晴らしい配慮により3・4Qには給水タイムが設けられました。
 今日は本当に頑張った。そんな1日になったと思います。昨日の今日でどこまで変われるのか期待と不安の中ではじまった1日でしたが、第1試合は本当によくがんばった。変わりたい・成長したいが伝わってくるいい試合でした。2・3試合目も必死に取り組んでいるのは伝わってきましたが、いつも以上に頑張ったため集中力が切れている場面や体力不足な面もあって継続しきれなかったように思いました。でも、やっとスタートラインに立てたように思います。頑張るってどういうことかわかったんじゃないかな。人と同じ頑張りでは差は埋まらないってこと。あとは継続できるかどうか?
一生懸命やるって楽しい。真剣にやりきるって楽しい。スポーツのがんばる楽しさを感じてほしいと思います。
 夏休み中、今日のような取り組みを続けることができればきっと成長した自分に出会えます。もっと自分の可能性を信じてあげてください。3試合目苦しい中でも伝えましたが、今が自分の全力だとしたら自分のことを、自分の可能性をなめてるわ。もっと声も出せるはずだし、もっと頑張れるよ。
 さあ、どうする?勉強も手伝いもバスケットも人に言われてからやるんじゃない。自分の意志で自分から行動!期待しているし、信じています‼

 最後になりましたが、豊明ミニのF先生・Nさん夫妻はじめ関係者の皆様本当にありがとうございました。すばらしいきっかけを与えてもらった大会になりました。これからもよろしくお願いします。

桶狭間の戦い【夏の陣】

ファイル 301-1.jpgファイル 301-2.jpg

 7月28日(土)に大府市民体育館にて桶狭間の戦い【夏の陣】を開催しました。なかなか進まないチーム作り。焦り・あきらめ・不安・期待いろんな想いが交錯する中での夏のスタートの大会。勝負の夏がスタートしました。
 試合は…いいところまで行くけど最後に踏ん張れない。頑張れないチームの状況を表した1日だったと思います。決して悪いプレーばかりではないのだけど、「ここぞ」ってところで踏ん張れない。シュートを外す。気持ちが出ない。うーん…。このままの流れで練習・試合を積み重ねても意味がない。

 結局1人1人と話すことにしました。面談してわかったこと・伝えたことは、自分たちは頑張っているって勘違いしているということ。4年生や5年生の頑張ると6年生の頑張るは全然違います。頑張っているのに先生はわかってくれないではなく、ただやらされているだけなのです。いまのチームを頑張っているって認めたらいつまでたっても上手にはなりません。だって、他のチームも同じように頑張っているから。いま弱いという現状があり、上手になりたい・勝ちたいという強い気持ちがあるのなら他のチームより、他の子より上手になるためには、勝つためには何をより頑張っているかが大切なのです。その為に、自分から何を努力しているのか?何もしていません。それを頑張っているって言われてもそれではいつまでたっても差は縮まりません。
 チームがゆるい・一生懸命やってないって感じているのに一人で頑張っている人もいます。バスケはチームスポーツ。一人だけ上手になってもチームで掴む勝ちは得られません。なのに他の人には注意もしない。他の人が叱られていても我関せず…。これってチーム?注意して嫌われたくない。注意されて嫌いになるような人間はチームに必要ありません。やめてもらえばいいでしょう。
 1人ずつ話してわかったこと。子どもたちは頑張りたいってこと。話すうちに表情も違ってきた。やるんだ・変わるんだって思いはだんだんと出てきた。今日という日を忘れないでください。
夏やらなくては、夏に頑張らなかったらチームが終わる。
本気で取り組む夏!結果が出なかったとしても頑張ったことに胸を張れる自分に出会えれば必ず成果が出ます。期待して今日の大会に向かいます。

 最後になりましたが、いつもいつもお付き合いいただけるチームの皆様本当にありがとうございます。私自身も仲間がいるから続けられるのだと思います。子どもたちの為に精一杯できるコーチに囲まれて幸せな1日でした。ありがとうございました。

アザレアカップ

ファイル 300-1.jpg

 6月24日にたまたま体育館が空いていたのでアザレアカップを開催してみました。記憶が正しければ3・4年前くらいまでは長久手市が開催してくれていた大会ですが、今回は廃止になってしまって大会を思い出しながら・・・。でしたが、
 結果は準優勝。それをよかったと捉えることはできません。勝てばいいのか・負けたらダメなのか。違うよね。とにかく考えて行動しない。外でアップして体育館で7分しかない試合前の練習でなぜランニングや体操が必要なのか?外でやってきたよね。考える力が乏しい。そして、いろんな場面で他人任せ。主体的に行動できない。自覚がない。あなたたちは6年生。小学校では、桶狭間ミニでは最高学年なのです。言われたことをやるだけではだめなのです。「自立する」ことが大切なのです。そのためには・・・。伝えていくしかないよね。学ぶ気がないならやめるべきでしょう。チームの理念に共感できないなら残っても不幸でしょう。なぜ叱られているのか真意が大切なのです。ただ、ごめんなさい。試合に出してくださいでは意味がないのです。「バスケットボールを通して人として成長する」が理念です。あなたは成長するためにどう取り組んでいますか?

 最後になりましたが、一緒に開催してくれたJBCさんはじめご参加いただきましたチームの皆様本当にありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。

想いをつなぐ

 想いをつなぐって難しい。
 なかなか伝わらない。でも原因は少しずつわかってきた。
できない自分と向き合いなさい。
できない自分と戦いなさい。
どうすればいい?子どもたちにあった目標を立ててゆっくりとそして一歩ずつ前に進めばいい。誰でも上手にできるというのは自分のおごり。そもそも「人として成長すること」がクラブの理念。なのに勝たなくてはいけない、強くしなくてはいけないとどんどんとクラブの方向性を間違った方向にもって行ってしまったのは自分自身。毎年伝えているけど、いままで結果が出ていたのは子どもたちの努力。苦しい時もつらいときもたくさんあったと思う。でも、それを乗り越えてきたOGたちを誇りに思う。そして、いままでも何度も支えてくれた大好きな娘たちに心から感謝しています。
また、原点に戻って1つ1つ積み重ねていこう。
1期生に言われたなぁ…何が楽しかったって先生を話している時間が一番楽しかったって。純粋に子どもたちとバスケットを通してたくさん学んでいたなぁ。

 ただ、チームを続けることで勤続疲労がピークなのは現状変えられない。小さなことの積み重ねが蓄積されて苦しい状況を作っている。自分自身の心と体のバランスが悪い。子どもたちを厳しくすることへの苦しみ。信念を曲げてまで続ける意味はない。どこまで続けられるだろう。想いをつなげるって…難しいな。

南知多フェスティバル

ファイル 297-1.jpgファイル 297-2.jpgファイル 297-3.jpgファイル 297-4.jpg

 6月10日11日に南知多町総合体育館にて南知多フェスティバルを開催しました。南知多観光協会さんに協力いただき、南知多の宿に協力いただき、そして多くのチーム、そして保護者に支えられなんとか今年度も無事終えることができました。
 今年度は10チームでしたが、日程もゆるめでB戦もしっかりできたし、指導者同士の懇親会もしっかりできたし楽しく2日間過ごすことができました。
 子どもたちも日ごろと違って寝食を共にすることができたこと。浜辺で目標を叫んだり、海で遊んだりと良い経験ができたと思います。
 今回はわかったことは伝わっていないということ。バスケットも、人としても、がんばることもいろんな場面でいろんなことが伝えられていなかったってこと。責任は当然指導者である私にあるでしょう。ただ、伝えるということは互いに原因があるのです。
 とにかく子どもたちとコミュニケーションを取っていくことが大切ですね。求めるまえに与えることが大事。子どもたちには花に例えて伝えることが多いですが、種だけまいてただきれいな花を咲けっていっても無理。まずは水をあげ、肥料をあげ、日光に当てて大切に育ててやっときれいな花は咲くのです。
 もっと子どもたちと純粋に向かい合って進んでいく大切さを感じた2日間でした。もっと話そうって思いました。

 最後になりましたが、多くの人に支えられてできた大会でした。本当にありがとうございました。最後にも話しましたが、JBCや甚目寺の子どもたちのようにバスケット以外も頑張れることは本当に大事です。最後は人間力・人間性。とっても勉強になりました。
2日間お疲れさまでした。

ページ移動