桶狭間ミニバスケットボールクラブ
トップページへカレンダーお問い合わせ

桶狭間ミニバスケットボールクラブ

サイトの概要

記事一覧

南知多バスケットボールフェスティバル

 6月17日18日と2日間宿泊付きで南知多バスケットボールフェスティバルを開催しました。今年度は南知多観光協会さんにご協力いただいたおかげで比較的スムーズに行うことができたと思います。初めてなので、想定外のこともたくさんありましたし、全チームに満足いただくことは難しかったかもしれませんが楽しくできました。

 そして、試合は・・・。初日は全員揃うところが少なかったです。桶狭間ミニも有松小が授業参観だったためいませんでしたが、なんとか予選2試合を勝ち上がりました。
 せっかくの出場の機会なのにと感じる場面もあれば、成長を見られる場面もありました。一生懸命やっているのは分かるけど、正直何かが足りないと思います。技術は当然まだまだ教えることだらけなので大丈夫ですが、気持ちは足りません。足りないのは危機感なのなさからくる覚悟なのかもしれません。いまある程度結果が出ているから危機感を感じません。合宿の中でいろいろな人に話しましたが、サッカーの日本代表本田選手が「成功にとらわれるより、成長にとらわれろ」という発言をしていましたが、まさしくいまの桶狭間ミニを表しているのだと思います。「勝ち」という成功にとらわれるのではなく、一人一人そしてチームの成長を見たときに成長が止まっているように感じます。それを実践するためには「覚悟」必要です。なので、今回の宿泊の中で子どもたちに「覚悟」の話をしました。言葉で言うのは簡単ですが、成長するという昨日の自分と戦うことは本当に大変なことなのです。できない自分を認め、チャレンジを繰り返し、失敗を繰り返し乗り越えていくことは想像以上に覚悟が必要です。是非、成功にとらわれるのではなく、成長にとらわれる人になってください。
 今大会は決勝で東郷Beeさんに負けました。結果は準優勝です。でも、試合内容だけなら成長を感じた試合でした。課題は山積み。しかし、それだけ伸びしろを感じます。覚悟さえ決まれば、今年も行けると思います。チームが一丸をなって覚悟を決めなければならない時期になりました。子ども達も指導者も保護者も。本当に最後まで信じて走り切れるのかこれがポイントです。

 最後になりましたが、参加いただいたチームの皆様本当にありがとうございました。時間はあっという間に過ぎ去ります。時間を大切に今年もお付き合いください。よろしくお願いします。

第4回STR杯

ファイル 240-1.jpg

 5月14日(日)愛・地球博記念公園体育館に效範リトルバッカーズの監督さんのお誘いでSTR杯に参加させていただきました。
 桶狭間ミニとしては、交流の輪を広げていただいた本当にお世話になっている監督さん。そして、ほっとできる仲間たちに囲まれアットホームな雰囲気の中スタートしました。
 今大会は4チームによるリーグ戦でした。
 第1試合は美濃加茂ミニさんと。昨年度一番一緒に合同練習をしたチームです。みんなに機会を与えながら戦いましたが。やっぱり私自身がもう少しいいところに目を向けてあげないといけないのかなぁと感じています。やっぱり人それぞれ成長曲線は違うので・・・。ただチームの代表としてコートに立つ以上は考えてプレーをしてほしいし、一生懸命さを周りに伝わるようにプレーしてほしいと思います。
 第2試合はJBC-FIRESさんと。入ったばかりの大きな子に何度も止められました。それ以上に昨年から試合に出ている子たちのディフェンスの良さに目がいきました。だから、ボールが運べない。ドリブルで逃げるから、パスカットを狙われるの繰り返しでした。今回は勝ちきりましたが、いまの余裕はあっという間に消されます。どれだけガードが力を付けるか?です。
 第3試合は八開ミニさんと。現状組めるベストでいこうとチャレンジしましたが、1Qだけメンバーを間違えたかな。相手によってメンバーの選択が変わるのだろうと思います。3Q目は練習してきたことがやっと出た。いいプレーも出てよかったです。優勝おめでとう!!
 最後に話しましたが、コートに立ったときは自分が誰よりも上手だと思ってプレーする。練習のときは自分が誰よりも下手だと思って取り組む。それが大切です。先生のためにやっているのではなく、自分のためにやっているんです。1つ1つ成長しましょう。
 個人賞は#6でした。バスケットに取り組む姿勢。考え方はすばらしいです。1つ1つ伝えようとしていることが入っていっていると思います。小さいことをいいところしてプレーしている姿も印象的です。意識で戦える心の大きな選手になってほしいと思います。

 最後になりましたが、主催いただきました效範リトルバッカーズの監督さんありがとうございました。相変わらずの気持ちのよい走るバスケットはさすがでした。懺悔も恒例になってきましたね。これからもよろしくお願いします。

2017 Kikkoガールズカップ

ファイル 239-1.jpg

 5月7日(日)にKikkoミニさんのお誘いで2017Kikkoガールズカップに参加するために愛・地球博記念公園体育館へ行ってきました。
 第1試合は前日も対戦した城西ミニさんでした。前半は想定していたよりもよかったです。前日の反省を活かしてスタートできたように見えました。ただ後半は、どれだけキャプテンに頼って戦っていたのかが見られた試合でした。やっぱり個々の力を上げていかないと夏以降の戦い方へのビジョンができてきません。
 準決勝は效範リトルバッカーズさんとでした。何度やっても気持ちがよい。じわりじわりと点差は広げることができたものの走るバスケット対決は見応えがありました。これだけ1対1がしっかりできたのは何が大切なのかを感じるよい機会だったと思います。もう少しファールなしで止めることができるようにしたいですね。課題も浮き彫りになってきたし、気持ちよく試合もできたし、得るものもたくさんあってよかったです。よく頑張りました。
 決勝はkikkoミニさんと対戦。この2ヶ月で3度目の対戦ですね。現状ではこんなもんですね。小さな歯車がくるうとこうなります。やっぱりレベルに開きがでてきたということだと思います。まずは意識。そして練習。
 桶狭間ミニは練習の意識の高さで勝ってきているのです。努力の正しいやり方を学ぶ場所なのです。とにかく練習ですね。次回からレベルを上げますので意識のレベルを最大限あげましょう。まずは自分を変えなくては未来は変わりません。いまという練習を頑張ろうね。
 そして、今回の個人賞はプレッシャーの中で2本フリースローを決めて、その後退場した#11でした。もう1人のセンターが欠席の中、自覚をもって取り組む姿が印象的でした。退場した直後の涙が彼女の成長を後押ししてくれると信じています。現状で満足しない。足りないところもたくさんありますが、それ以上にいいところがあります。基礎を大切に身体の使い方を覚えればもっと伸びると思います。
 最後になりましたが、主催していただきましたkikkoミニの皆様本当にありがとうございました。また、至らぬ点をご指導いただきまして本当にありがとうございます。子どもたちも私自身もより精進していきたいと思います。これからもよろしくお願いします。

第3回アイチミニバスケットボールフェスティバル

ファイル 238-4.jpg

 5月6日(土)に第3回アイチミニバスケットボールフェスティバルに参加しました。アイチミニバスケットボール育成会となって初めての大会です。バタバタしていて参加チームには迷惑をお掛けしていますが、みんなで協力してスタートできたのはありがたいことです。
 第1試合はこまろんぐさんと。監督もとっても勉強していてよい情報交換の場となりました。試合の内容は…。指示が通らない。この時期なので当然難しいことは言いません。やろうとしていない。というよりまだ理解できていないのか?この時期は個のレベルアップが大事なので、レベルの高い子に追いつこうと努力することが大切なのです。上に合わせること。そして、上のレベルの子はもっと上を目指すことが大切なのです。もう少し試合展開が変わればもっとたくさんの子を出すことができたはずなのに。群れから集団に変わることを目指してください。
 準決勝は城西ミニさんと。今年も大きく、能力の高い子がたくさんいますね。冬には仕上げてくると思います。いまは経験の差でなんとか勝ちましたが、高さの差をどう埋めるかを考えないとあっという間にひっくり返ってしまいますよ。
 決勝は西尾スマイリーズさんと。この時期だからこその1対1.すごい上手でスピードがありましたね。あれだけたくさんの1対1が経験できれば得るものはたくさんあったと思います。そして、競った試合展開。これは何事にも代えがたい素晴らしい経験となりました。最大9点?7点?のビハインドを背負った状況からよくひっくり返しましたね。ナイスゲームだったと思います。よくがんばりました。

 最後になりましたが、アイチミニバスケットボール育成会の皆様、大会にご参加いただきましたチームの皆様本当にありがとうございました。サプライズで誕生日をお祝いしてもらいました。ありがとうございました。今年も1年アイチミニバスケットボール育成会を盛り上げていけたらいいなぁと思っています。よろしくお願いします。

桶狭間の戦い【春の陣】4.30

ファイル 237-1.jpg

 4月30日はところ変わって愛・地球博記念公園体育館にで桶狭間の戦い【春の陣】4.30を開催しました。
 愛・地球博記念公園体育館がうまいもん市を開催していたため大丈夫か心配もありましたが、滞りなく運営できてよかったです。途中から来ていただいた方々にはたいへん遠い駐車場にとめていただくなどご迷惑をお掛けしましたが。
 本日は8チームにて開催。昨日に引き続き深い仲のチームばかりが集まって気持ちよく試合ができました。
 第1試合は千秋ミニさんと。注意されない苦しさを感じてもらえるといいなぁ。意識しているのに上手くいかないのは指導者に問題があります。本当に努力しているのに…意識しているのに…できないならこちらがアプローチを変えるべきです。ただ現状で言えばまだやれるでしょう。もう少し考えてほしいなぁ。
 準決勝は豊明ミニさんと。高いし、ポテンシャルはかなりあります。今後伸びてくるチームであることに間違えはないと思います。
いろいろ試してみましたが、これだけシュートが入らないと苦しいね。走る展開からのシュートや判断はこれから練習しましょう。
 そして、決勝はkikkoミニさんと。今年1番対戦する回数が多くなる気がしますが…。これだけ対戦が多くなるとお互いどれだけ自分たちのバスケットができるかになります。ディフェンスは先生が言ってることが分かっているけどできないって感じですね。だから、相手にプレッシャーをかけられない。自信がない。この時期なんてできない方が当たり前。ミスすることが当たり前。だからこそ、価値のあるミスをしないといけないし、チャレンジしなくてはいけないのです。
 
 「評価は他人が決める。価値は自分が決める。」いろいろな捉え方のできる言葉ですが、評価されることがすべてではありません。ただ、評価が低いからって評価されるためだけにやることも違うと思います。自分を磨き価値を高めてください。人は過去と他人は変えられません。変えられるのは自分と未来だけ。そのために「いま」を全力で頑張るだけです。

 最後になりましたが、ご参加いただいたとっても仲の良いチームの皆さま本当にありがとうございました。そして、J.kittysのIコーチおめでとうございます。1日遅れの誕生日お祝いできてよかったです。
 保護者の皆さま2日間続けての主催お疲れ様でした。
 春の陣をやると今年も1年スタートしたなぁって感じですね。今年もたくさん交流してください。よろしくお願いします。

ページ移動