桶狭間ミニバスケットボールクラブ
トップページへカレンダーお問い合わせ

桶狭間ミニバスケットボールクラブ

サイトの概要

記事一覧

第13回葉北カップ

ファイル 279-1.jpgファイル 279-2.jpg

 1月8日(月・祝)に葉栗北ミニさんにお誘いいただき葉北カップに参加させていただきました。葉北カップに参加すると新年を迎えた喜びとあと3ヵ月という時間を大切にしようという強い想いを感じます。
 試合は第1試合は木曽川ミニさんと対戦。この時期になるとどのチームも6年生は身体ができてきて差が縮まっているように感じます。だからこそ、積み重ねた基礎が大切です。後半は成長してほしい子を中心に出しました。
 準決勝はJBCさんと対戦。このところずっと対戦がなくどんな試合になるのかドキドキしましたが、復調してきたガードを中心に勝ち切れました。新しく練習してきたことが少しだけ出せて意識高く取り組むことができました。点差があったことも影響しているかもしれませんが、4Q目は負けています。どんなときもベストなプレーをするという意識をもって戦ってほしいです。
 決勝は初対戦の渋川ミニさんとでした。能力の高い子や背の高い子を中心に6年生同士のガチンコ試合という感じでした。とにかくオフェンスは上手。スクリーンの使い方がすごく上手で止められません。富士通の強いときのようなセットオフェンスからセンターの流れは見事だったなぁ。知らないチームの中にもこんなにも一生懸命取り組んでいるチームもあるんだなぁと勉強になりました。
 
 この日は一人一人と時間をかけて話しました。いまの想い・感じていること・個人の目標などゆっくり話せてよかったです。残り3ヵ月しかないのでたくさんコミュニケーションを取れるといいなぁとすごく感じました。ここまで一緒にがんばってくると話していても想いが繋がる瞬間というか、届く瞬間を感じられてうれしい気持ちになります。最後にも話しましたが昨年の方がわからないことや気持ちを伝え合うことには積極的だったと思います。だから、最後まで楽しかったのだと思います。あと3ヵ月だけど、まだ3ヵ月あると思うので今年の6年生と最後まで心を通わせて「ともに」歩みます‼

 最後になりましたが、葉北ミニのKさんはじめ関係者の皆様本当にありがとうございました。心から感謝申し上げます。とっても大切な1日になりました。ありがとうございました。
 菓子まきも毎年恒例になり、写真に写っている子どもたちもうれしそうです。

2018年明けましておめでとうございます‼

 2018年明けましておめでとうございます‼昨年もたくさんのチームや指導者・保護者に大変お世話になりましたが、昨年以上に今年もお世話になります。よろしくもお願いします。
 今年は昨年以上に明るく楽しくがんばりたいと思います。「一年の計は元旦にあり」という言葉通り目標を立てます。これは私自身の目標でもあり、チームの目標でもあります。今年の目標は『一歩!一歩!』にしたいと思います。背伸びせず一歩一歩しっかりと歩んでいきたいという想いを胸に一年間がんばりたいと思います。
 
 6年生へ
 今年度も残り3か月になってしまった。大切な大好きな6年生!今年の目標通り『ともに』一歩!一歩!しっかり歩んでいけば必ずみんななら目指すべきところまでいけるはず。絶対にみんなならできる。一緒にがんばろうね。

 5年生へ
 まだまだ基礎のできていない5年生だけど一筋の光だけが見えています。背伸びせず1年かけて一歩一歩力を付けていくことが大切です。まずは3月までにしっかりと6年生から桶狭間ミニの魂を引き継いでください。そして、3ヵ月でできることを精一杯やってください。特にハンドリング・体幹は必ずやろう。4月からスタートでは間に合いません。いまを大切に一歩一歩ですよ。


 4年生へ
 5年生の人数が少ないから今年から試合に出ることがあります。あなたたちに必要なのは『人として』です。バスケットは日頃の行動がコートに出るのです。バスケット以上に人としての基礎を学べる一年にしてくださいね。期待していますよ。

 3年生以下へ
 いっぱい楽しんでいっぱい体を動かしてバスケットを好きになってくださいね。どれだけ練習をいれることができるかわかりません。もっともっと仲間を増やしていこうね。
 

今年も1年ありがとうございました。

 今年もたくさんの人たちに支えられ1年を終えることができました。本当に感謝・感謝・感謝・感謝・感謝・感謝・感謝・感謝。本当にありがとうございました。

 毎年スタートは私事から…異動しました。勤務先が変わり新たな環境・新たな出会いの多い一年となりました。大切なものや大切なことが多すぎて一人では抱えきれないが本音です。それでも、多くの人が支えてくれているおかげでなんとかやってこれたという感じであっという間の1年でした。
 また、自分の関わってきた子どもたちがケガや病気になり、葛藤を抱え苦しんだ1年でもありました。自分にできることは…本当に小さなことしかできない。でも、自分にしかできないこともある。最後はその子の可能性を信じることだと思います。

  今年の目標は『人間力を磨く』でした。新しい環境になり学びの多い1年にはなったと思います。ただ、点数で表すと合格点には程遠い1年だったかもしれません。バスケットを学んだり、指導力を学んだりというところでは、前に進めたと思います。でも、バスケットに携わることで学ぶだけでは足りないのです。教師としてもっと学ぶことがあるし、視野を広げることで学ぶこともたくさんあります。そのスタートを切れた程度だと思います。課題は時間の使い方です。そりゃ子どもたちが可愛い特に6年生なんて可愛くて仕方ありません。あと3ヵ月しかないから今は6年生のことを考えてやり切りたい。その後はビジョンをもっと明確にして進みたいですね。いつも目の前だけに全力ではいけない。もっと周りのコーチを信じてやっていきたいです。
 昨年書いたことと同じことを最後に書きます。大切なので毎年訓示のように書いていこうと思います。大切なのは『「正しさ」より「思いやり」』難しいことだけど一番心に響いた言葉。教師である以上正しいことを伝えたりすることも大切なので全てを肯定はしませんが、正しさは時には人を傷つけ、時に自身を孤立させる。ここに全ては書けませんが、「正しさ」は立ち位置によって簡単に変わってしまうモノなので。常に自分自身を懐疑して、自己否定して成長へと繋げていこうと決意しました。


 6年生へ
 自分たちが思い描く6年生になれていますか?きっとまだ届いていないと思います。先生は少なくともあなたたちの可能性を信じている。叱ることの多い1年になったけど、それ以上にみんなのいいところを見つけ、可能性を信じて取り組んできたつもりです。年末の最後の試合では本当に成長した姿が見られてうれしかったです。今年度の歌のように『ともに』残り3ヵ月進もうね。

 5年生へ
 人数も少し増えて可能性を感じられて1年を終えられてよかったです。ただ、基礎がないことも足りないことだらけであることも変わりありません。やっとスタートラインに立つ準備ができたね。
 
 4年生以下へ
 個性的な4年生以下は仲間が増えてきていることがうれしい限りです。毎年書いていますが、応援してくれる人をたくさんつくることがいいチームになるためのコツです。そして、上手になるためには「人として」が大切です。大きな声であいさつをする。基本的なことから1つずつバスケットを通して一緒に成長しようね。4年生が10期生となります。いままでの先輩たちの大切にしてきたところが伝わるといいなぁ。
 
 保護者の方々へ
 今年も保護者の方々のご支援のおかげで1年頑張ることができました。本当に感謝しています。いよいよ残り3ヵ月です。これからもよろしくお願いします。

 指導者のみんなへ
 いろいろな環境の変化にも耐え、力を合わせて頑張ることができる仲間でいられることを幸せに思います。あっという間にもう8年だね。今年は久しぶりの父兄コーチのIコーチ‼若さあふれる今後10年を担ってくれるKコーチが増えてとても心強いです。そろそろOGの立ち上げから桶狭間ミニにいてくれたMコーチやセブンスターコーチなども加わってくれるはず。コーチも仲間。仲間を増やしてパワーアップしていこう。

 最後になりましたが、今年1年対戦していただいたチームの皆様本当にありがとうございました。いろいろなチームといろいろな指導者と関わることで多くの成長、学びがありました。感謝の気持ちでいっぱいです。そして、仲良くしてくれている他チームの保護者の方々本当にありがとうございます。年末も他チームの保護者とLINE。いろんな人に支えられ幸せです。

 今年も最高に幸せな1年でした。ありがとう‼

桶狭間の戦い【冬の陣】×WINTER CUPコラボ大会

ファイル 276-1.jpgファイル 276-2.jpg

 12月23日24日の2日間で飛島ミニバスケットボールスポーツ少年団さんとコラボして桶狭間の戦い【冬の陣】&WINTERCUPコラボ大会を行いました。全21チームに参加いただき盛大に開催することができました。
 初日は予選リーグ。なかなか声が出ない。1年間通して声を出すことを目標にしてきたチームとは思えない。こちらが声を掛けても反応がない。残念としか言いようがないスタート。そして、第1試合終了後、私自身は友人の結婚式で中抜け…。その後がんばっていたようですが、勝つことが大切なのではなく、過程が大事。当然子どもたちの努力を結果に結び付けたいと思うので「勝つこと」が悪いわけではありません。「勝つこと」で成長することもあるので。ただ…その後に起きた許せない出来事。世の中には「正しい」を定義することがとても難しいと思います。だって価値観が違うから。そして、正しいと思ってやったことだって他人から見たら悪いことにだってなります。だからこそ、自分の判断で正しいと思うことを選択できるようになってほしいのです。教育の最終的な目的は「自立すること」だと思っています。自分で考えて判断することが大切なのです。練習最終日に何気なく会話していたルールについてのこともそうです。学校でシャープペンをもってきていいのかという話。すごく些細なことですが、注意されないからもっていくというのはどうなのでしょう。なぜ、学校では鉛筆なのでしょう。そこには理由があるからです。その理由を考えた上で必要・不必要を判断して行動することが大切です。
 いろいろな価値観がある中で、押し付けられることを嫌がるのならこのチームにはいられないでしょう。だって、誰かが判断基準にならないと1つにまとまらないからです。だから、自分と合わないならやめてもらうしかないと思います。私自身は子どもたちのことを精一杯考え、愛情を注ぎ、成長して幸せになってほしいと思ってこのチームを立ち上げました。一人よがりにならないように多くの仲間に支えられ、多くの指導者から学び、多くの子どもや保護者とともに歩んできたつもりです。どんなときも謙虚に取り組んでいきたいと思っています。なので、是非お前の行動違うぞってときは声を掛けてもらえると嬉しいです。今回は2日間連続だったので夜は指導者の方々と懇親会。本当にありがたい時間でした。
 そして、2日目。サンタトーナメント。1回戦はコラボチーム対決でした。飛島J.kittysさんと対戦。前半苦しんだものの後半に離れてなんとか準決勝に進みました。
 準決勝は最近1勝1敗の小信ミニさんと対戦。少しマッチアップを代えてメンバーも代えて試合をしましたが、よかったと思います。最後まで気を抜かずやり切れてよかったです。
 決勝は名古屋EASTさんと対戦。県大会を終えてすごく伸びを感じましたが、こちらも簡単には負けられません。最後は2点差でしたがよく勝ち切りました。ディフェンスはよかったけど、オフェンスは課題だらけでした。優勝おめでとう!年内最後の大会を優勝で終えることができてよかったです。目指すは全員出して優勝です。さあ年明けからまた頑張ろうね。

 最後になりましたが、2日間ありがとうございました。クリスマスツリー作りにもご協力いただき心温まる大会になりました。参加いただいたチームの皆様。コラボした飛島の皆様。そして、桶狭間ミニの保護者の皆様本当にありがとうございました。なかなか落ち着いてお礼を言えないので本日の忘年会で思いっきり感謝の気持ちを伝えたいと思います。
 これでいよいよ1年が終わります。今年も1年無事に過ごせたのも多くの人たちの協力のおかげです。心から感謝しています。「ありがとうございました」
 

阿久比町協会長杯

ファイル 275-1.jpgファイル 275-2.jpg

12月17日(日)阿久比ILEXさんにお誘いいただき、阿久比町協会長杯に参加させていただきました。
 県大会ベスト8との2チームと東海大会に出場する大垣ミニさんと対戦できるとっても大切な機会になりました。
 第1試合は大垣ミニさんと対戦。いつも英比小学校で年に1回だけ対戦させていただきます。1つ1つのプレーがしっかりしていてさすが東海大会に出るチームだなぁと感じました。試合はなんとか勝ち切ることができました。
 第2試合は阿久比さんと対戦。ここでは、とにかく情けなくて久しぶりに真剣に叱ったと思います。まだまだ下手なんだから練習したことにチャレンジしてください。指示しても通らない。伝わらない。現状のままでは最後には戦えない。だから、いまから頑張るんだ。いまをがんばれない人に次はない。最終的に子どもたちの成長ノートを読んでどうして伝わらなかったかも理解できたのでよかったですが、やっぱりもっと話そうね。最終的には1点差負け。これは僕の責任ですね。必要だから叱っているけど、勝ち負けは僕のせい。後半はやろうとしていたけど形を作れなかった。結局は練習不足。指導力不足です。勉強し直します。
 第3試合は知多さんと対戦。この試合も一生懸命やっているものの指示は通らず。伝わらないと意味がないけど。わかってもらうしかないから。これだけはダメだよって言うことをやってはいけません。最後はその日頑張っていた5人でチャレンジして4点差を追いついて延長!最終的には負けましたが、子どもたちの頑張りや成長の姿が見れてよかったです。ここからは僕の仕事でしょう。

 ジュニアも終わりミニに集中すればするほど子どもたちへの成長へのビジョンが溢れてきた。あとは本当に時間との勝負。伝えきれるか。子どもたちにどれだけ愛情を注げるか。そして、チームが一つになれるか。

 最後になりましたが、阿久比ILEXのK監督はじめ関係者の皆様本当にありがとうございました。とっても大切な1日になりました。感謝しています。最後の陣はよろしくお願いします。
 

ページ移動